ホーム>更年期障害

更年期障害

更年期障害とは

更年期は、閉経を迎えた前後5年くらいの時期を言います。
不快な症状は、大本薬局にご相談下さい。

 

更年期障害
ホットフラッシュ
不眠

 

更年期は、閉経を挟んだ前後5年くらいの時期を言います。
個人差はありますが一般的に50歳前後に閉経を迎えるため、45〜55歳くらいのおよそ10年間が更年期になります。

更年期に入ると卵巣の機能が衰え始め、女性ホルモンの分泌量が急激に減ってきます。
月経の周期の乱れや、経血の量が変化するなどし、やがて閉経を迎えます。
このように、更年期は体内の環境が大きく変化します。それに加え家庭内でもストレスの多い年代になりますので身体的にも精神的にも様々な症状を起こしやすくなります。それが更年期障害です。

 

更年期障害のメカニズム

女性ホルモンの分泌を脳がコントロールしていることから自律神経に影響を及ぼしてきます。
卵巣からの女性ホルモンが減少してくると、滅ってはいけないと脳の下垂体というところから性腺刺激ホルモン(卵巣を刺激するホルモン)が分泌されます。更年期ではこの性腺刺激ホルモンが分泌されても卵巣はそれに応えることができないため、脳はバランスを崩してしまい様々な自立神経の症状が現れてきます。
つまり、女性ホルモンの減少に適応しようとして、ひずみが生じ、身体症状や精神症状が現れる、これが更年期障害です。

 

身体症状

「のぼせ、発汗、冷え」などがあり、顔や上半身が急に熱くなって汗が出たり、血の巡りが悪くなって冷えたりします。
また『動悸、肩こり、腰痛、めまい、関節痛、頭痛、疲れやすい」など様々な症状が生じます。

 

精神症状

「落ち込み、憂鬱、いらいら、やる気が出ない」 などの症状がよく見られます。
また『不安、集中力、思考カの低下、不眠』などを訴える方もおられ、QOLを著しく落としてしまわれる方もあります。

[患者様の声]  髪の毛が急に抜け出して不安と来店された40代の女性

ストレスもあり、少し精神不安もあるご様子で来店されました。
更年期の時期には家庭的にもストレスが多く重なる時期ですので血行ホルモンバランスを改善しながらストレスにもよい生薬を配合した漢方薬とホルモンバランスを整えやすいルミー○バランスを併用いただいて、1か月くらいで抜け毛のほうはおさまり、気分も少し落ち着いてきたとのこと。もうしばらく続けて元気になりたいとのことでした。

この方のように少し良くなってもしばらく続けていくことが、漢方薬では大切です。
4か月は続けるつもりで服み続けてくださいね。そのあとも予防に続けていくと女性にとって良い年の重ね方ができると確信しています。