ホーム>女性にやさしい漢方のお話

女性にやさしい漢方のお話

それって本当にうつ病なの?うつ病とPMS(月経前症候群)の違いは?

 最近店頭に、私「うつ病」じゃないかと思うんです~

と言って来店されるお客様があります。「うつ病」もポピュラーになったものだなあと思う今日この頃ですが。

なんでも更年期だとおもうんですう~と言ってこられたり、ポイントを説明すると納得されますが、若い方で私はうつ病ではないかと言われる方にはPMSの方がおられます。PMSはうつ病をはじめとする精神疾患の症状に良く似ています。心療内科などを受診して抗うつ剤などをもらわれる方が多くあります。

PMS(月経前症候群)は生理前2週間以内くらいの間の、排卵後から月経が始まるまでに時期に症状が現れ、生理が始まって遅くとも1~2日で症状が消失するという特徴があります。ここがポイントです。この時期にはうつ病で起こる、脳内のセロトニンの減少が起こると言われていますから本当にうつ病と間違いやすいのです。しかし抗うつ薬では症状は少しおさまる事はあってもホルモンが原因なのですから治る事はありません。

とにかく生理が始まると1~2日でけろっとするというところがポイントです!!!

「うつ病」でもないのに副作用のある抗うつ薬は飲みたくないですね。当店ではPMS(月経前症候群)のご相談が多数あります。ホルモンのバランスを整える漢方薬を服用されることで日常生活に支障のない程度まで改善されています。また本当に精神疲労が重なって「うつ病」になりそうだなという方にも漢方薬と牡蠣肉エキスのサプリメントを併用していただくことで精神疲労が取れ元気になられています。

何でも先手必勝!!どうもおかしいな~と思ったらお気軽にご相談ください。漢方では病気になる一歩手前を「未病」と言います。身体がサインを出したら気づいてあげることが身体へのいたわりです。

今年の夏は記録的な暑さになりそうですから、体をいたわって過ごしたいものです。

子宝、産前産後に欠かせない、当店のカキ肉エキス

当店では、子宝のご相談、産後の体調、乳腺炎などのご相談も多くあります。

近年、結婚年齢が高くなって、高齢の方のご相談も多くあります。当店の相談例では40代での妊娠という方も少なくありません。

妊娠に必要な条件は元気な卵子、精子である事、女性の子宮の内膜が受精卵を着床できる状態である事(受精卵のフカフカなベッド)、子宮内部や卵管に異常がないこと、などがあげられます。細かく上げれば色々な要素がありますが、一番大切なところは、元気な卵とフカフカの子宮内膜です。

当店では子宝のご相談の際、皆さん体質が様々ですから、その方に合った漢方薬をお選びいたします。それに加えて、子宝のための栄養剤とともいえる、カキ肉エキスをお薦めすることが多いです。体外受精の際の取り出した卵子の数、分割する元気さが変わってきます。そして子宮内膜が薄くて妊娠が成立しにくい方は、漢方薬と一緒に続けることで次第に子宮内膜が厚くなり妊娠しやすくなられます。

さらに妊娠された後も続けられることでつわりの軽減や流産の防止に役立っています。

また、妊娠中のマタニティーブルーは胎児に与える栄養により母体の栄養不足が原因で起こると言われています。

育児疲れによるイライラ不安感は、これも栄養不足が一つの原因であり、高齢出産のお母さんではうつ状態のなられる方もあります。

血清中の亜鉛が不足した状態でストレスを受けると、うつ状態を引き起こすホルモンであるコルチゾールの分泌が多くなり、うつ状態になりやすくなります。この時亜鉛を補給するとうつ状態が軽減されます。

カキ肉エキスには亜鉛を始め、妊娠、出産に重要な、セレン、銅などが豊富に自然のバランスで含まれていて、元気な妊娠、出産をサポートしてくれます。

さらに最近、当店取扱いのカキ肉エキスには他社の製品にはない抗酸化物質が発見され、その物質が脳関門を通る(脳の中に入っていける物質であるということ)ことがわかり、脳内の活性酸素を除去し、精神疲労を有意に改善することがわかりました。

妊娠、出産にかかわらず、不眠、うつ状態、精神疲労などに役に立っています。特に睡眠の質が改善されぐっすり眠れ、朝気持ちよく起きれるようになったと喜んでいただいています。

女性の美容とPMSなどにチェリー

さくらんぼのビューティーパワー

まるで宝石のようにキラキラと輝く「初夏のルビーとも呼ばれる「さくらんぼ」国産の旬は今まさにその時!

6月~7月と限られています。「今年は食べ損ねちゃった」とならないよう女性にはうれしい要素いっぱいの

さくらんぼを是非食べましょう!!

さくらんぼは糖質、ビタミン、ミネラルが少しずつバランスよく含まれているとても優秀な果物。

そんな中で鉄分の含有量がトップクラス貧血気味やPMSの方には積極的に摂っていただきたいフルー

ツです。

また、店頭でフルーツは身体を冷やすからとお話しするのですが、このさくらんぼは体温を上げてくれる果

物。カリウムも豊富ですので、冷え症やカラダのむくみ改善にも効果的です。

特有の酸味はクエン酸、リンゴ酸などの有機酸。暑い夏の疲労回復にも効果あり!

さらにアントシアニンやフラボノイドなどのポリフェノールの抗酸化作用により老化防止。さらにビタミンACE

の美肌効果など、美エイジングには欠かせない栄養素がいっぱいです。

また果実にメラトニンが多く含まれていることがわかり睡眠を促進、コントロールしてくれる働きも!!さくら

んぼのさわやかな甘さの甘味成分であるソルビトールは虫歯予防の甘味料として知られています。

こんな素敵なさくらんぼ国産はちょっとお高いですが、この2か月間かぎり。ちょっと奮発してしっかりい

ただいちゃいましょう。

さくらんぼを食べなくちゃ

美容と漢方薬

 もう5月も半ば、紫外線がどんどん強くなってきました。紫外線のダメージが蓄積するとシミの原因になる事は皆さんご存知の通り。

去年のシミも紫外線を浴びることによって濃くなっていきます。シミはある日突然できるわけではなく、少しずつ少しずつ作られていくものです。

日焼け止めクリームは年中使うのがよしとされていますし、美白化粧品も進化してしっかりケアをするかしないかでは雲泥の差がついてくると言われています。

こういった外側からの対策と一緒に行いたいのが、体の内側からのケアです。

皮膚は4週間おきに新陳代謝を繰り返し、新しい皮膚が出来ています。この代謝が低下すればいつまでもメラニンはとどまったままになります。この4週間の間体に取り込んできた物によって今の皮膚、肌はできていると言っても過言ではありません。ですから漢方薬とともに食事も肌の大きな要素です。食事がとても大切になってきます。その上での代謝機能の低下をサポートする存在として漢方薬はとても有効です。そしてホルモンのバランスと肌はとても密接な関係があり、クマや肝斑と言われるホルモンバランスの乱れからでいるシミの改善には漢方薬がとても役に立ちます。

漢方薬は「気」「血」「水」を整える働きがあります。この体の中の三つの流れを整えることによって、内臓機能の改善により老廃物の代謝がよくなり、於血と呼ばれる血液の滞りを防ぎ、ホルモンバランスを整えることで、肌の代謝を上げ、血流を良くし、肌を内側から健康にしていきます。

当店には生理のある若い御嬢さんたちには皆さんに飲んでいただきたい「漢方薬」があります。私の娘にも飲ませています。生理痛もなく、生理の周期で訪れるイライラも頭痛もなく、そして元気に妊娠出産、更年期も元気にと、そんな人生を送って頂きたい。女性の人生を本当に応援してくれる漢方薬です。当店お勧めのその漢方薬は、当帰、芍薬、センキュウ、地黄、人参という生薬でできていますが、その配合が絶妙なのです。漢方薬は薬という字がついていますが、この漢方薬は元気な時から続けて頂きたい、そんな漢方薬です。(漢方薬の中には病気の時にだけ飲むべき漢方処方もあります)  

この女性のための漢方薬は、紫外線を照射して色素沈着を起こさせたモルモットの実験でこの漢方薬を与えていないモルモットに比べて有意に色素沈着を抑制しました。 体が元気になり美容にもいいなんて漢方薬は本当に素晴らしい!!!

当店の漢方薬の中には

①女性の血流とホルモンバランスを改善して肝斑やニキビの予防になる漢方薬(上記の漢方薬)

②潤いを引き出して、ホルモンの力を上げる最強の女性のための漢方薬

③ホルモンのバランスや血流を改善し、皮膚の免疫力や解毒を助けるヨクイニンや十薬を配合した漢方薬  等々

貴方に合わせた漢方薬を取り揃えています。どうかお気軽にご相談ください。

 

増えてきたガンのご相談

 ご無沙汰してしまいました。その上いきなり「ガン」の話???

世の中芸能界や著名人、ガンになったというニュース多いですね。なんだか自分もいつかガンになってしまうような気がしてきますよね。

そうです。2人に一人がガンになり、3人に一人がガンで亡くなると言われています。26年前に開局したころには「がん」というと誰にも知られたくない。

という方がご相談に来られていました。今では「ガン」は生活習慣病レベルに出世してなんだか誰もがかかるかもしれないポピュラーな病気になってしまいました。

とはいえ、ガンになるのは怖い!!!ガンにならないためのガン免疫強化のご相談ならお任せください。

なってしまってからより予防が大切です。

しかし、毎日何千個もできているがん細胞の分裂を抑えきれず増殖して、「ガン」と診断されたとしても西洋医学と東洋医学のいいところを合わせて、一緒に頑張るメソッドが当店にはあります。

○自分が乳がんと申告された

○「ガン」が進行していて治療法がない

○病院での抗癌剤の副作用が怖い

○家族がガンの治療をしている

 当店では、手術は無理と言われたがどうしようと来店され、2か月間漢方、サプリメントをしっかり飲んでいただき、その後の診察で「ガン」周りの浸潤がなくなりこれなら手術も可能と言われ、無事に取り除くことが出来て元気で過ごしているという前立腺がんの方

放っておいたら余命は1年半と言われたのに怖くなって、乳がんの手術の予定を直前に断った方。1年当店のサプリメントをお飲み頂いき、手術をしてもらいましょうとお話をして、同じように癌の進行が食い止められ、浸潤がなかったので無事手術をすることが出来、今もお元気です。1年後の時にはドクターもびっくりされていました。1年もたって全然進行していないばかりか浸潤がなかった。

等々思い出されるお客様がたくさんおられます。

 

主ながんの治療は手術、抗がん剤、放射線治療です。これら西洋医学の治療は正常細胞の障害や体力、抵抗力の低下を伴います。

手術による体力消耗や、生体防御力の低下、抗がん剤や放射線治療による体力、免疫機能の低下が癌の再発や、転移のリスクを高め、感染症や臓器不全を引き起こす原因にもなります。抗がん剤は発癌剤でもあると言われる所以です。

当店では西洋医学でのがん治療による体力低下を防ぎ、治療の成功を応援するとともに、術後の再発、転移を防ぐためのガン免疫強化のご提案をしています。

そして、当店ではさらに分裂しようとするがん細胞の微小管にからみつきがん細胞の分裂を阻止しようとする働きのある

「紅豆杉」

という商品でさらにガンのご相談にお役にったっています。お気軽にご相談くださいね。

更年期障害のお客様

 47歳 まだ生理はあるけれど時々不順になってきていると言われるR様

なんとなくフワフワしてひどいときには吐き気がしてきます。そして半年前にはなんか夜、妙に不安が押し寄せてきて涙が出て止まらくなっていました。それはここ一か月なおさまっています。むくみがあるような気がしますか?とお聞きしますと、夕方にはとっても足がむくんでひざも痛く、今日も水を抜いてもらったところです。朝は手がこわばってくるし、自分でも体全体むくみがあるような気がするとのこと。

生理は一応毎月きているけど、量が多かったり少なかったりできちんと28日から30日周期であったのが少し不順になってきています。

寝つきが悪くで眠れない日が時々あります。

更年期特有の汗に悩まされています。

そのほか色々とお話ししながら漢方薬をお選びさせていただきました。

気。血。水のの流れの中でも特に水と気の流れが悪くなっておられるご様子です。そして胃の調子を整えることで気の流れもよくなると思われますので、まずは気の流れを整えさらに水が滞っているのを整える漢方薬をお選びして服用して頂くことにしました。

2週間弱のお薬をお渡ししていましたのできちんと12日後にご来店いただきました。

お店に入られてすぐにとてもお顔がすっきりされているのがわかり、ちょっとダイエットされた印象があるほどお顔が小さくなられていました。このまま気、血、水の流れが整われるとお元気になられると思います。まだまだ漢方薬を始めたばかりですからしっかり続けて頂いて体質改善をして頂きたいと思います。

気、血、水の流れはとても大切です。これが整うと自律神経のバランスも整ってきます。ホルモンバランスによる乱れにも体が対応しやすくなります。漢方にはこの気、血、水の流れを整える素晴らしい働きがあります。

 

子宝には腎精を補う漢方薬

 30年も前の話ですが、クリスマスケーキに例えられ、25歳で結婚できなければ売れ残りとされていた時代を経て、今は初婚年齢が30代、40代ということも珍しくありません。時代の変化とともに、妊娠したいと思う年齢も後ろ倒しなりそのことで妊娠しづらい女性が増えてきているという現実があります。

 先日も2人目不妊でご相談を受けていた38歳の女性のお客様。お元気でいらっしゃいますので、子宝でよく服用していただく当帰、芍薬、センキュウなどの配合されている漢方薬と牡蠣肉エキスなどを続けて頂いていましたが、半年近く経過し、年齢の事や基礎体温の様子などを考えて、腎虚を補う地黄という生薬のしぼり汁を中心にを煮詰めた漢方薬を服用して頂くことにしました。それから2か月ほどで妊娠されました。少しお腹が張りやすいですが何とか元気に6か月を迎えておられます。

 地黄という生薬は腎を補う代表的な生薬ですが、そにままを丸薬にしたり煎じたりする処方が多く胃や腸に負担があります、当店でお勧めしているものは生の地黄のしぼり汁のみを他の生薬と一緒に煮詰めていますので胃腸に負担がありません。最近ではこの処方を服用いただき子宝に恵まれる方が増えています。最初に書きましたように妊娠したいと思う年齢が高くなっていることが原因でしょうか?腎を補うことも考えなくてはいけなくなりました。 

 中医学では「腎は精を蔵す」と言って、腎に蓄えられたエネルギーを「精」と言っています。精を西洋医学では成長ホルモンと言っています。「精」が十分あれば、子供の成長は健やかになり、生殖機能も健全になります。また、「精」は老化にブレーキをかけ寿命を長引かせるだけでなく、健全な老後の生活を楽しむもとになります。また、腎の成長は五臓の中でも一番時間がかかり、また衰えるのは早い臓器と考えられています。腎が精を蓄えるには季節では冬、一日では夜の11時から夜中の2時までの3時間です。この時間の睡眠を十分とることが大切です。そしてこの秋から冬にに漢方薬を服用しながらながら体を温める根菜類を中心に食べ、睡眠を十分とって腎精をしっかり蓄えることをお薦めします。

 春にコウノトリがやって来ますように。お祈りしています。

生理前のニキビ(PMS)

 3か月前より来店され、ニキビのスキンケアを続けて頂いていた、18歳の女性。

少しずつ改善していたもののやはり体の中から改善しましょうとご提案して、当店すすめの水素Caと落花生種皮ポリフェノールを1か月続けて頂いたところ、生理前には赤ら顔になり、憂鬱だったのが、お顔全体の赤身もおさまり、ニキビもかなりひいてきて、本日2箱目をご購入いただきました。お顔が笑顔になり私もとても嬉しかったです。

食欲の秋、甘い物が無性に食べたくなる季節、油断せず頑張って食養生もして頂き改善される事を祈っています。

 水素水が話題ですが、当店でお勧めしているのは水ではなく、水素吸着珊瑚カルシウムです。海の珊瑚から得られた珊瑚カルシウムをパウダー状にして焼成し、そこに水素を濃縮して閉じ込めた水素パウダーです。閉じ込めた水素は身体の中で少しずつ溶け出します。

水素は悪玉の活性酸素だけを選別して酸化還元して水として除去します。その活性酸素の中でも特に酸化力が強く、DNAや脳の神経細胞を傷つける有害なヒドロキシラジカルと選択的に反応して除去すると言われています。当店の水素Caは体内で持続的にこの効果を発揮します。

当店では漢方薬と併用したり、または単独で、生理前の症状PMS(イライラ)や子宮内膜症、更年期の神経症状に飲んでいただき、喜んでいただいています。

生理のある女性85%が経験しているPMS

 生理前2週間、85%の女性が経験すると言われるPMS(月経前症候群)。そうとは知らずに毎月つらい思いをしている女性がたくさんいるかも知れません。

症状は千差万別、100種類もあると言われています。月経の準備が行われ時期ですからしょうがないと言えばそれまでですが、仕事や生活は月経周期を気遣ってくれませんし、工夫して乗り越えていかなければならない毎月の関門ですね。

ストレスが蓄積していると、精神症状は強くなりやすいですから普段から仕事とプライベートのメリハリをつけてリフレッシュできることを見つけておくことは大切です。

その時期は、コーヒーをフェンネルやバラ系のハーブティーにしてみたりアロマオイルを使ったマッサージを受けてみたりするのもいいですね。

体調不良で辛い上に、仕事やプライベートで失敗をしてさらに自己嫌悪に陥ってしまえば、何事もうまくいかなくなってしまいます。毎月の事ですから、上手に自分を癒す工夫を見つける事はとても大切です。

PMSは生理が関係していることから女性ホルモンの乱れが影響していることは明らかです。当店では血行、ホルモンのバランスを整える当帰、センキュウ、地黄、芍薬、に水分代謝を整える(浮腫みやすい体質を改善)白朮、茯苓、そしてハーブのような香りを持つ生薬の香ブシで気をめぐらしモヤモヤした気分を解消しやすく、そして胃腸の事を考えて人参、甘草を配合した当店オリジナルの漢方薬をお勧めして、皆様に喜んでいただいています。

先日も20代女性の相談者の方で

生理前になると気持ちが晴れなかったり、イライラしたり、体調が悪くなったりして仕事もプライベートもうまくいきません。仕事では失敗するし、プライベートでは彼氏や家族にあたってしまうし・・・・・・。何年も抜け出さないでいます。というご相談。

当店オリジナルの漢方薬2種類を体質に合わせてお選びして、2か月後には、「早くこの漢方薬に出会っていたら」とうれしいお言葉をいただきました。女性は、まだまだ結婚、出産、更年期と様々な変化がやってきます。引き続き漢方薬を服用して楽しい生活が送れますようにお話ししています。

もしかして自分もそう?と思った貴方、是非お気軽にご相談くださいね。