ホーム>美容と漢方

美容と漢方

美容と漢方

美容と漢方

健康美という言葉があるように、健康は「美」の必要条件です
漢方は美容にもいいんです

 

古代より、様々な国の国王や皇帝たちが体力の維持と権力の繁栄のために不老長寿の薬を求めてきました。その記録は数多くの歴史書にあります。

 

…不老長寿とは…

現代で言うならば老化を遅らせ、若さを保つための薬と言うことになると思います。
当店では、色々なご相談をお受けする中で、主訴の症状が改善するにつれ、疲れにくくなった、お化粧ののりが良くなった、シミ、肌荒れが良くなった、目の下のクマがなくなったと嬉しいお声をいただいています。

 

クマ

忙しくて疲れがたまったりすると、目の下にクマが出来る人がいます。
クマは漢方では「於血」(おけつ)と判断します。「於血」とは血液の滞りを意味し、こういう人はたいてい生理痛や冷え、のぼせ、生理不順、子宮筋腫のあることが多く、このような体質に合わせて漢方薬を飲んでいただくと、生理の調子も整い、おまけにクマまで治って化粧のりが良くなり喜ばれます。

シミ

シミには老人性のものと、女性特有のホルモンバランスが関係したシミがあり、後者は漢方薬を飲んでいていつの間にか薄くなってきたということがあります。シミは「肝臓」にも関係があり、「肝」というのは「癇」に通ずるところがあります。肝臓を中心とした内臓の弱りや血液循環の不調とも関係していて、漢方薬を飲んでいるうちにシミとイライラが一緒になくなってしまったということもあります。

漢方薬は古くから老化を遅らせ、美しさを保つと考えられています

古い書物には「百損を補い、百病を除去し、五臓がみちあふれ…、27年間服用すると参百六十歳まで、64年間服用すると五百歳まで生きられる」と書いた処方があります。

美容と漢方

このような事は無理としても、漢方薬は古くから老化を遅らせ、美しさを保つために考えられた処方も存在したと言うことだと思います。

最近では肌の保湿を目的とした“ヒアルロン酸”や“コラーゲン”がもてはやされていますが、漢方薬に含まれている「地黄」「当帰」「人参」「伏苓」などの生薬の力はこれに負けないものがあると思います。おまけに身体も温まり、元気になって言うことなしですよ!!!

身体にも美容にも効能がある漢方薬、取り揃えています

当店ではホルモンを分泌させ、造血の手助けををし、五臓の働き、特に肝、腎の働きを強くする「地黄」という生薬を中心に「伏苓」「人参」「クコ子」に蜂蜜を加えて水は一滴も入れずに煮詰め練り上げた漢方薬があります。

黒糖色で艶やかな、独特の香りと甘味、ほろ苦さを兼ね備えた、ちょっと不思議な生薬エキスです。
中国は宋の時代に誕生したお薬で、時の皇帝の子孫が脈々と栄える事を願い、皇帝の治療に携わる医師たちが叡智を結集させて作り上げたものです。

是非気軽にお問い合わせください。半年間服用を続ければ5歳は若返るかも……。

こんな嬉しい声も頂いています!

美容と漢方

実際にこの漢方薬を飲む前と服用半年後にデパートの化粧品カウンターにて肌診断をしてもらい、
✓きめの細かさ ✓肌弾力 ✓毛穴
の3項目で10歳近く若返ったと喜ばれた方もいます!!!

そのほかに、空気が乾燥すると肌が乾燥してカユクなっていたのにその症状がなくなった。生理の周期が整って生理痛もなくなりイライラも解消した。お通じが よくなった。お風呂に入って体を洗った時、明らかに肌が水滴をはじく。かかとがカサカサしない。爪が薄く、今までは少し伸ばしただけでもすぐに欠けていたのが5ミリほど伸ばしても割れなかった(ネイルサロンにて丈夫な爪ですねと言われる。最近の方は爪がもろいとの事)。前髪の白髪が気にならなくなってきた など様々な声が返ってきています。